先日、東京大学で行われた「21世紀幼児教育カンファレンス」に参加してきました。

こちらのカンファレンスは、先日iPadを使った授業を行っていただいたSmartEducation社の主催の会でした。

民間から校長先生になったことで有名な藤原先生の講演からスタート。

3EE55A6A-27D1-4B64-AAF2-EA41AA655748

アクティブラーニングと呼ばれる形式の授業で、頭がフル回転!

29064E37-1A29-423A-8065-B14006F8F60A

先日体験したKitSを導入している園の実施例なども紹介していただきました。

6FD20116-08A1-4941-A663-078036178C20

タイの学校でも導入しているそうで、日本だと蟹を赤く塗る子が多いのですが、タイではこんな感じ。

色彩感覚が全然違います。まさに生の蟹!

C3D7222E-1840-4A53-B4A2-B369F10CCB43

KitSのアプリを開発したプログラマーの講演もありました。なんと目の前でプログラムを書き換えるという実演も!

95D56F4A-3E2D-4B3D-A0D1-65E0995184AA

東京大学の教育学の教授 山内先生のお話は、21世紀に必要なスキルについて。

F5BEF412-048F-4745-86CE-368F4BB79822

教育経済学者の中室先生は教育に関係する経済学の講演。

F0C2C50C-906C-4995-A562-BE916C7B7000

報酬があれば効率が上がるというわけではない、というお話は目からうろこでした。

157805E4-87D5-4F83-8445-6B6B727E6C8D

4596A453-EA88-454E-B88B-6CA582DC3EF2

幼児教育というと、読み書きをイメージしがちですが、遊びも立派な教育。

幼児期に遊び込むこと、特に想定外のことが沢山起こる集団での遊びが、めまぐるしく変化する社会で生き抜く力になると思いました。

演者の著書を事務所に置いておきますので、興味のある方はのぞいてみてください。

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.