From the monthly archives: 8月 2018

お盆明けから園舎の工事が本格的にはじまりました。

週の中頃にかけて「杭打ち」という作業が行われています。
簡単に言うと固い地層に杭を打って建物の足場を作ることです。
545B6550-8E6A-4A9D-ADC1-A47409427577
小桜幼稚園の場合は10m以上もの長さの杭が入るそうです。現園舎の三階の高さより長いですよ!
7F306729-5F40-46F6-AF01-50C9FD15DD91
太さもこんなに!

さてこの大きな杭を打ち込むために登場したのがこの杭打ち機。
大きくどこからでも見えるので保育園の子ども達も窓にへばりついて観察しています。
4F3B4D2B-961A-4946-8155-F26636311564
スクリュー部分が土を掻き出して、杭が入る穴を掘ります。
C2321006-A442-4367-AE17-1A25468BDCE4
スクリュー一周分のスパンは、ティッシュケースより長いです。
E60AE69C-E379-47E4-97BF-E2715F868737
そしてショベルカーが出てきた土をかき出してフォローします。

工事中は色々な「はたらくくるま」が見られるので、安全なお寺の中から観察できるようにしています。
今週も幼稚園の子ども達が食い入るように見つめていました。
さあ、次はどんなくるまが来るでしょうね。

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.