From the monthly archives: 10月 2018

型枠が外れると、今度は埋め戻しという作業が始まりました。

D1A30715-8E9F-47F2-8590-153FB2C79FEB

ダンプカーが次々とやってきて、土を運んでいきます。

51B9ABAF-CD41-4EAD-9E5F-CC20EC5279AE

ダンプカーは奥まで入れないため、ショベルカーを使って足場を作っては隣を埋める、という作業を繰り返していました。

A5139C76-E76F-461A-A07D-56B7E0A8EA13

埋め戻し作業がひと段落したところで、スタッフによる現場の見学会。

B1EA5145-F87E-4DDC-BFE9-01EFE194336B

「ここに靴箱がきて~」と想像が膨らみます。

B2EC2C3C-66DB-48DB-B52C-3F9963541BBB

これはエレベーターの穴。

4ECE65A2-F0AA-48B3-BB8F-58D1BF0D8944

旧園庭+αで、と~っても広い園舎になりそうです!

 

基礎工事後半戦の様子をお伝えします。

穴ぼこになっていた工事現場、職人さんたちの手で鉄筋が組まれていきました。

DB9DC158-CC3E-49AD-A769-44518B63F51E

一本一本の鉄筋を針金のようなもので固定していきます。なんと、手作業!

67365BE3-99EE-41ED-8FF3-4BBAAD327D13

雨の日も、風の日も、職人さんたちは黙々と作業されていました。ご苦労様でした!

 

型枠をつけて、この中にコンクリートが流し込まれます。(これが鉄筋コンクリートの由来なんですね!)

19EA6719-AB3C-444E-BFA7-D08967C4C507

これがコンクリートを流し込む車、コンクリートポンプ車という名前だそうです。

C9C2FF58-4750-4407-B182-2C940F610718

次々とコンクリートミキサー車が走ってきて、ポンプ車にコンクリートを追加していきます。環状線にミキサー車が5台くらい連なって走っていました。

0D1613FC-9B9D-4378-AC20-5F752834BAB0

ホース部分はこんなにながーく伸びていました。

なんとこの作業、二台のポンプ車と数十台のミキサー車によって一日で終了。

D850F723-FCA4-4594-B72C-CF0F4B1E6039

型枠が取れるのが待ち遠しいですね!

 

毎年恒例のクラシックコンサートが行われました。

352519E2-93A4-4EEB-894F-6DD90F424B9C

 

一曲目を聞いたところで、一つ一つの楽器紹介。三年目になる年長さんは弦楽器は完璧に答えられました。木管楽器は少し難しかったですね。

BBE78150-84F6-45A8-A46C-5B5AD58EC5B9

写真の「ファゴット」と「オーボエ」はなかなか名前が出ませんでした。

どちらの時も「ホルン」という声が。。。

842F1F62-C32E-405F-BE2F-0F89BAC9ACFC

これが、お待ちかねの「ホルン」でした~。

続いて、年長組の代表者による指揮体験。

698E9497-E7D4-4DC9-A9D7-E49D81DCE53D F4A20503-756D-4FD9-8F86-45B5CD9DA3B2

背筋がピンと伸びていてかっこいいですね!

BDF98B22-40BB-425F-B52E-CE38859633C6

代表にならなかった子も観客席から指揮をしていました。

3D3F9E2F-FC0A-4846-9472-DDEBDC69F930

ドラえもんの曲では年少組・年中組の皆も歌って踊っての大盛り上がり!

F3C096A2-18C5-4CEA-8304-B80A4FA8E0FD

最後は園歌をオーケストラに合わせて斉唱しました。

あっという間に時間がすぎ、「アンコール」なんて声も聞こえてきましたよ。

オーケストラの皆様、肌で感じお腹に響く大迫力の演奏、ありがとうございました。

 

 
Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.