環境と施設

たっぷり遊べる時間と環境。

入園式を彩る古い桜の木、豊かな木陰をつくる大きなけやきの木、春には筍が顔をのぞかせ、七夕まつりには、笹飾りになってくれる竹林、寒い風にも負けないさざんかの花。園庭の木々が季節の変化を気づかせてくれます。
遠くからでも見える風車が回る総合遊具では、子ども達が元気に遊びます。好きな場所へ全速力で走って行く子、午前中の活動で覚えたことを、午後から一生懸命練習したり、挑戦する子、クラス対抗の大会をめざして目を輝かせる子。園庭は子ども達が最もいきいきする場所です。
また、お友達を仲良く遊び、ともに学ぶ室内空間は、いろいろな活動ができるように整えられています。

小桜幼稚園のはたけ

すべてに大切な命が宿っていることを実感してほしいと願っています。

中庭には小さな畑があります。
育てるのはトマト、きゅうり、なす、たまねぎ、だいこんなど季節の野菜です。
地域の方がボランティアでお世話をして下さっています。
大きくなるのを心待ちにし、花に喜んで、実をたべる。こんなふれあいを通し、野菜にも大切な命が宿っていることを、子ども達自身の体験から感じて欲しいと思います。
土をいじれば、虫が出るし、ちぎった野菜の切り口からは水がしたたり、大きな葉っぱの下の大根はとても小さかったり、驚きがいっぱいです。
まだ始めて2年。勉強中の「はたけ」です。
実はお寺の南側にも「大きいはたけ」を開墾中! いも畑にする予定です。

btn_hatake

pagetop